2003 NORASCOPE ノラスコープ(LA GALERIE DES NAKAMURA)

映像作家・松本力さんとのコラボレーション展。「山へ」という松本作品をもとにしたインスタレーション。「山へ」の映像は、様々なキャラクターたちが山頂を目指して登っていき、頂上にある一つだけの椅子に、たどり着いたキャラクターたちが並んで一人ずつ一瞬だけ椅子に座って山を下りていくという作品。

会場1階では「山へ」のキャラクターの絵を選び、お面が作れる。その横にスタジオスペースを作り、映像の中に出てくる山の絵と椅子を設置し、お面をつけて椅子に座って下りていく映像を撮影。
会場2階では大きいスクリーンに松本力の映像作品を上映し、その裏手に更衣室をイメージしたカーテンをスクリーンにして、清水寛子作品の無所属のキャラクターが松本のキャラクターのお面をいろいろつけては脱いだりを繰り返している映像を投影。コーディネーター:深澤千絵

NORASCOPE=所属ではないものになる。野良である自分をみつける道具。